サッポロ・ダンスボート・プロジェクト

SAPPORO DANCE BOAT PROJECT 2019

SAPPORO DANCE BOAT PROJECT 2019はmicelleが主催する接触と即興のコンテンポラリーダンス「コンタクト・インプロビゼーション」のプロジェクトです。2019年度は京都を拠点に活動するダンスカンパニー、Monochrome Circusの坂本公成氏、森裕子氏を招き、若手舞踊家の育成を目的とした共同制作を行います。札幌のコンタクト・ユニットmicelle演出の1作品と坂本公成演出の2作品、計3作品を2日間に渡り上演。最先端のダンスと札幌から生まれるダンスの可能性を体感する2日間です。

 

~コンタクト・インプロビゼーションとは~

1970年代にアメリカで生まれた、身体を接触させて相手の重さや力の流れを感じながら即興的に動く対話型のダンスです。触れる、感じるといった身体と身体のやりとりを通じて個人やパートナーとのコミュニケーションを体感し、お互いのムーブメントから生まれるエネルギーの流れを楽しみます。言葉を使わないコミュニケーションツールとしてダンス以外の舞台芸術、教育、福祉、医療、様々な分野の人々が集まるのも特徴です。

●日時

①9月15日(日)19:00開演

②9月16日(月祝)14:00開演

※本公演は未就学児入場不可

(9月15日の日中、未就学児親子向けにゲネプロを公開します。詳細はdanceboat2019@gmail.comまでお問い合わせください。)

 

●会場:扇谷記念スタジオ シアターZOO(札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F)

 

●料金:3,000円

 

●出演

牛島 有佳子(昭和レディ)、大森 弥子(Takako Classical Ballet)、小野 洋子、菅野 朱音(DANCE STUDIO LoRe/玉砕)、

三瓶 竜大(劇団清水企画/ポケット企画)、谷詰 翔太(赤川智保モダンバレエスタジオ所属)、成田 愛花(劇団ひまわり札幌/あづき398)

浜田 純平(OrganWorks/ダンススタジオマインド)、原 掬蔵、平野 琴音(Belle mémoire)

 

●上演作品

「μ∴」

演出:micelle

出演:櫻井ヒロ、河野千晶、大森弥子、小野洋子、谷詰翔太

音楽:chiharu_mk

照明:高橋正和

 

「Endless」

演出:坂本公成

出演:坂本公成+森裕子

音楽:山中透

照明:坂本公成+渡川知彦

 

「lemming」

振付・構成:坂本公成

振付アシスタント:森裕子

出演:牛島有佳子、大森弥子、菅野朱音、三瓶竜大、谷詰翔太、成田愛花、浜田純平、原掬蔵、平野琴音、櫻井ヒロ、河野千晶


●STAFF:照明・舞台監督/高橋正和、音響/向山千晴、写真・宣伝美術/yixtape 

 

●チケット取り扱い:

・チケットぴあ(Pコード:495808)

・エヌチケ https://www.ticket.ne.jp/nt/

 

(チケットを会場引き取りにすると各種手数料無料、チケット代だけで購入できます。)

チケット予約・問い合わせ:

Email:danceboat2019@gmail.com(ミセル)

TEL:011-551-0909(シアターZOO)

 

■第1458回公演 札幌市民劇場「サッポロ・ダンスボート・プロジェクト2019」、シアターZOO提携公演、京都芸術センター制作支援事業

■主催:札幌市民芸術祭実行委員会、札幌市、(公財)札幌市芸術文化財団 、公益財団法人北海道演劇財団 、NPO法人札幌座くらぶ

■主管:コンタクト・インプロビゼーションユニットmicelle

■助成:公益財団法人北海道文化財団、公益財団法人全国税理士共栄会文化財団

■協力:一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント、ダンスカンパニー Monochrome Circus  

■後援:北海道

出演者プロフィール

■ゲスト

Monochrome Circus[モノクロームサーカス]

(坂本公成+森裕子)

 

京都を拠点に活躍するコンテンポラリーダンス・カンパニー。1990年に設立。主宰坂本公成。「身体をめぐる/との対話」をテーマに国内外で活躍。これまでに作品は海外18カ国で紹介されている。上演回数約300回となるアウトリーチ的プロジェクト『収穫祭シリーズ』を経て、『掌編ダンス集』と銘打つ大小の作品群10作品をはじめ、海外振付家による2作品、grafとのコラボレーション『TROPE』、最新作『HAIGAFURU』などのレパートリー15作品をもつ。また「瀬戸内国際芸術祭2010」で発表した『直島劇場』など、サイト・スペシフィック・ダンスや、コミュニティー・ダンスなどのプロジェクトも展開している。

http://monochromecircus.com/

■サッポロ・ダンスボート・プロジェクト主催

micelle[ミセル]

(櫻井ヒロ、河野千晶)

 

2014年に櫻井ヒロと河野千晶により結成された接触と即興のダンス、コンタクト・インプロビゼーションのユニット。劇場と地域をより近く繋がったものにすべく、養護学校、高齢者グループホーム等でのワークショップや、赤ちゃんと親と踊るワークショップ『ゆるぎゅっぽん』などの活動を行う。コミュニティダンスやコンタクト・インプロを通して様々な特徴を持つ身体と向き合い、他者との協調や主張のできる身体性を模索している。近年では札幌の若手表現者の支援育成に力を入れ、昨年より『SAPPORO DANCE BOAT PROJECT』を企画開催している。

https://micelle.jimdo.com/


牛島 有佳子

(昭和レディ)

昭和生まれの女性たちを集めた青春ダンス集団「昭和レディ」の代表。演出振付をつとめる。自主公演を行う他、他公演にゲスト出演も行う。観た方に元気をお届けするよう日々邁進中。

大森弥子

(Takako Classical Ballet)

北見市出身。20歳の時にコンテンポラリーダンスに出会い踊り始める。これまでに平原慎太郎、青木尚哉、山田うん等の作品に出演。現在は札幌のバレエスタジオTakako Classical Balletに所属。

 小野洋子

 

札幌出身。中学高校でバレエを習う。早稲田大学文化構想学部卒。2017年富良野グループ特別公演「走る」に出演。2018年10月市民交流プラザクリエイティブスタジオこけら落とし公演「春の祭典」に出演。

菅野 朱音

(DANCE STUDIO LoRe/玉砕)

小学4年生よりダンスを始め、現在はジャズダンスとコンテンポラリーダンスを主体に活動し、所属スタジオでインストラクターを務める。ユニット玉砕では3月に北海道ダンスプロジェクト公演でSHOW IS BEST賞受賞、7月にはJOIN ALIVEに参加した。


三瓶竜大

(劇団清水企画/ポケット企画)

 

高校から演劇を始め、高校卒業後劇団清水企画へ所属。同年11月持ち運べる演劇をテーマに"ポケット企画"を立ち上げ創作を続けている。

谷詰 翔太

(赤川智保モダンバレエスタジオ)

(一社)現代舞踊協会会員。16歳の頃にダンスに出会う。2016、2017年、秋田、神戸コンクールシニアの部入選。2019年、現代舞踊協会フェスティバル(東京)北海道合同作品出演、国民文化祭(新潟)北海道代表作品出演。

成田愛花

(劇団ひまわり札幌/あづき398)

 2004年劇団ひまわり札幌に入団、2007年よりジャズダンスを始める。劇団外の舞台にも多数出演し、コンタクトインプロやパントマイムでの表現を経験。2018年からユニットあづき398を結成し、身体表現を活かした創作を続けている。

浜田純平

(OrganWorks/

ダンススタジオマインド)

9歳からダンススタジオマインドでHIPHOP、jazz、コンテンポラリー等を学び、公演に多数出演。横浜ダンスコレクション 2016にて「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞。現在、OrganWorksに所属。


原掬蔵

 

2000年3月1日、札幌に生まれる。札幌在住。生活には黒猫が同伴。2歳の時にすべてを悟って、2歳で19歳になる。未だに19歳。美術や演劇の活動をしている。ダンス公演には初参加。ドキドキしている。

平野 琴音

(Belle mémoire)

北海道清里町出身。2歳から日本舞踊、5歳からバレエを習う。高校卒業後、札幌で舞台やミュージカルに出演。19歳からHIPHOPを踊り始め、現在は劇団Belle mémoireとしての活動を軸に、コンテンポラリーダンスや振付などもする。

■micelle作品楽曲制作:chiharu mk

 

フランスGRMで電子音響音楽を学び、Out of the concert hall をコンセプトとしたライブ・パフォーマンスやサウンド・インスタレーションを行なう。今年5月にアルバム「pure culture」をリリース。