コンタクト・インプロビゼーション ワークショップ

コンタクト・インプロビゼーションのワークショップを通し、他者と身体や心を触れ合わせ、主張する力や協調する力を育みます。

コンタクトを通してこんな感覚が生まれるかもしれません

●触れることにより人と人との距離が縮まる

●触れる前と触れた後で人の印象の違いを感じる

●多様な身体と触れ合うことで自分の身体を知る

●気持ちが開放、発散される

●見えないものに耳を傾けてみる

さあ一緒に自分の身体や人の身体の声を聞いてみませんか?



【秋の夜長のコンタクト・インプロビゼーション ワークショップ~心と体で触れ合うダンス~パートナーリング編】

 

  身体を接触させて、相手の重さや力の流れを感じながら即興的に踊る「コンタクト・インプロビゼーション」。 一般的なダンステクニックは必要なく、ここでは触れる、感じるといった身体と身体のやりとりを通じて個人やパートナーとのコミュニケーションを体感し、テクニックやスキルを学びあいます。言葉を使わないコミュニケーションツールとしてダンス以外の舞台芸術、教育、福祉、医療、様々な分野の人々が集まるのもこのWSの特徴です。

今回のテーマは「パートナーリング」です。振り付けを通してコンタクトの動きの理解を深めていきます。

   単発受講も可能ですが、通しで受けるとより一層楽しめます。 初心者、未経験者歓迎。

 

■全5回(単発受講可能)

日程

①10月31日 「呼吸とリズム」

②11月7日「カウンターバランス」

③11月14日「リフト」

④11月21日「パートナーリング1」

⑤11月28日「パートナーリング2」

全て木曜 19:30~21:30

■料金

全5回通し受講:6,500円

3回受講:4,000円

単発受講:1回1,500円 

各回定員10名(通し受講者優先)

 

■場所

北海道演劇財団

札幌市中央区南11条西1丁目3-17

ファミール中島公園1F

(マンションに入り突き当たり左奥)

 

■持ち物

動きやすい服装、タオル、飲み物

 

■予約・問い合わせ

名前・電話番号・年齢・参加希望日を下記までご連絡下さい。

micelle.contact@gmail.com

■講師:micelle

(櫻井ヒロ、河野千晶)

接触と即興のダンス、コンタクト・インプロビゼーションのユニット。月1コンタクトWS&JAM主催の他、劇場と地域をより近く繋がったものにすべく、福祉の現場等でもワークショップや公演活動を行いながら、コンタクトやコミュニティダンスを通して様々な特徴を持つ身体と向き合い、他者との協調や主張のできる身体性を模索している。また、主催公演「improveads.」では国内外で活躍するダンサーや演奏家を招き、即興パフォーマンスの輪を繋げている。