Unit Profile

micelle(ミセル)

      

2014年に櫻井ヒロと河野千晶により結成された接触と即興のダンス、コンタクト・インプロビゼーションのユニット。

自身らの主催公演「improveads.」(インプロビーズ)は「improvisation(即興)」と「beads(ビーズ)」を合わせた造語で、C.I.co.、jean susportes(ヴッパタール舞踊団)、齋籐徹、山木将平、横山祐太、Vincent Laubeuf、Paul Ramage等、国内外で活躍するダンサーや演奏家を招き、一夜限りの即興パフォーマンスやワークショップを開催し即興の輪を繋げていく。

また、劇場と地域をより近く繋がったものにすべく、養護学校、高齢者グループホーム等でのワークショップや公演活動(踊りに行くぜ、京都dance4all等)を行いながら、ダンスを通して様々な特徴を持つ身体と向き合い、他者との協調や主張のできる身体性を模索している。

Member Profile

 

 

 

櫻井 ヒロ(Hiro Sakurai)

 

フランス在住時(2006~2008)から独学でダンスワークショップを始める。子どもから高齢者まで参加できる「教文コミュニティダンス部」では、ファシリテーターとして参加者一人一人の身体の持つドラマに着目した作品創作ワーク ショップ等を行う。2013年にはダンス部員達と共に作った「13番目の月」を札幌コンカリーニョでJCDN「踊りに行くぜ!!」Ⅱvol.3にて上演。2014 年には京都芸術センター主催dance4all にて、全国公募作品の一つとして「あしあと」を再演した。

2016年札幌市教育文化会館主催 高校生演劇ワークショップ+発表公演「転校生」演出/振付。 

 

  

河野 千晶 (Chiaki Kouno)

 

10歳よりダンスを始める。ジャズダンス、ヒップホップ、バレエなど幅広いジャンルを学び、20代でコンテンポラリーダンスに出会い、以降作品を作り始める。ジャズダンスをベースとした作品を得意とし、振付、演出を手掛ける。北海道ダンスプロジェクト公演「新たなる挑戦~New Challenge3~」では自身による振付出演作品「雌の」が乗越たかお賞を受賞。

2016年の出産を機に、親子で触れ合うダンスなど新たな方向性を模索中。

TGR札幌劇場祭2013札幌舞台芸術賞 演劇大賞&観客賞受賞作品 劇団千年王國「ローザ・

ルクセンブルク」振付。2017年札幌市教育文化会館主催 コミュニティダンスワークショップ発表公演「The home dance」振付。